返信先: 「株式会社 DIY工具雑貨屋」


スポンサーリンク

#1944
アバターとくめいさん
ゲスト

>詐欺会社もカードを通す機械を持っているのでしょうか
計算してるだけです
カードを通す機械は不要です
昔からある計算方法です
Luhnアルゴリズムというものです
JANコード(商品のバーコード)も同じですが計算方式が異なります
クレカの場合は
VISA/MASTERなら16桁です (AMEXは15桁です Dinersは14桁です が方法は同じ)
この16桁目(一番右の番号)をチェックデジットといいます
下1桁(一番右の番号)から順に先頭まで2倍1倍の繰り返しで計算します
そしてそれぞれの総和を出す(2桁になれば別の数字としてたします:8×2=16なら1+6=7)
最後にその総和が10で割りきれたら正しい番号となります
つまり入力ミスしていないということです
googleで出ると思いますので公開します
左端の1番目:主要産業(銀行と金融とか航空とか・・・」)
左端の1番目から6番目:発行会社・・・1番目はダブリです
左端の7番目から右端から2桁まで:会員個人番号
最後の1桁がチェックデジット
で、機械を通せばクレカ会社と通信してOKなら承認番号が発行される仕組みです
その時点でオーソリされたといって購入金額の枠を押さえます
ですから機械がなくても正解か否かは計算できます
詐欺屋のサーバーにプログラムを仕込んでいると思います

タイトルとURLをコピーしました